育毛剤の部位別の選び方、あなたの薄毛状態はどんな感じ?

育毛剤の部位別の選び方

良い育毛剤を使用する為には部位別の選び方を知っておくことが大切です。

 

部位によって脱毛原因が違っていることもありますので、あなたの薄毛状態を踏まえながらチョイスする必要があります。

 

ではまず生え際がM字に薄くなっている場合の対策に必要な育毛剤としては、DHTを抑制する働きがある育毛剤が良いと言えます。

 

DHTは男性型脱毛症の主要原因になっている物質のことなのですが、この物質が増加すると抜け毛が促進されてしまい薄毛リスクが高くなってしまうのです。そして特徴的なのがM字型に薄くなってしまうこと。男性型脱毛症の薄毛のなり方にはいくつかのパターンがありますが、M字に薄くなっている時はまさに男性型脱毛症の可能性が高い状態なのです。

 

その為、根本的な原因になっているDHTを抑制できる成分を配合した育毛剤での薄毛対策方法をすることが大切と言えます。

 

⇒DHTを抑制できる育毛剤はこちら≫

 

なお、DHTによる影響は頭頂部にも及びます。男性型脱毛症は生え際を後退させるだけでなく、頭頂部を薄くしてしまうという特徴もありますので、つむじ部分の地肌が目立ってきているようなら要注意です。

 

ちなみに体質によっては頭頂部と生え際の双方から同時に薄くなることもありますが、最終的にはお互いがくっついて広範囲が薄くなることがあります。

 

しかも進行速度も速いことがありますので、
薄毛が気になってきた場合は早めの対策が必要と言えるでしょう。

 

 

生え際の後退や頭頂部の薄毛の原因としてはその他にも血行不良が理由になっている場合もあります。

 

生え際は毛細血管の数が少なく血行不良に陥り易いですし、頭頂部に関しては重力の影響もあって同様に血行不良が起こり易いと言われています。
血液の流れが悪くなってしまうと毛根の栄養不足が促進され、それによって薄毛リスクが高くなってしまうのです。

育毛剤の部位別の選び方

血行不良が原因の場合は血行を良くする必要がありますので、
血行改善作用のある育毛剤を使用することが大切ですが、血管を拡張できるような成分が配合されているとより効果的な対策ができるはずです。

 

血流を良くする成分もある程度の効果には期待することができるものの、
しかしながら拡張作用によっては血流量をアップさせた方が毛根の働きをより効果的に活性化させることができます。

 

一口に血行を良くするといっても作用の仕方が育毛剤によって違っていますから、
どのような作用秩序によって血流を改善するのかを比較しながら選び出すことも大切と言えます。

 

 

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

育毛剤を自分に合った悩みから選びたいなら

薄毛の種類で選ぶ

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

育毛剤の成分で選ぶ

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

年代別に選ぶ

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

購入方法で選ぶ

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

育毛剤の部位別の選び方 育毛剤の部位別の選び方

関連ページ

育毛剤の選び方
育毛剤って色々な種類があるから何を選べばいのかわかんないですよね。それならまずは自分がどのタイプなのか見極めてみませんか?
育毛剤の種類について
自分の薄毛の症状はどの育毛剤が適しているんだろう、なんて疑問におもいますよね。育毛剤の種類はとっても多いですから当然の事です。その中から自分に最も適したものを選びましょう。
育毛剤の副作用が不安
育毛剤の副作用を回避するためにはどうすればいいのでしょう?不安なあなたが失敗しない選び方を紹介します。
AGAって何?
薄毛の原因でAGAというのをよく聞きますが、どういうことなの?もう手遅れなの?どうすればいいのでしょうか?
薄毛・抜け毛の原因
あなたは薄毛、抜け毛の原因を知っていますか?何も知らずにただやみくもに対策しても上手くいくはずはありません。まずは原因から解決していきましょう。
育毛剤の使い方
あなたは育毛剤の正しい使い方を知っていますか?知らずに使っていると効果ないってしってましたか?まずは正しい使い方から覚えれおきましょう。
医薬品と医薬部外品の違いは?
育毛剤の医薬品と医薬部外品、ぱっと見で字面が似ているため、混同しやすいこの2つですが、医薬品と医薬部外品の違いとは、いったいどのようなものでしょうか。
市販の育毛剤とネット通販の違いとは?
市販の育毛剤とネット通販の違いとはどういうものでしょう。それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します。
育毛剤の効果がない人の共通点
育毛剤を使用してもまったく効かない人もいれば、 劇的に抜け毛が減ったという人もいます。これほど育毛剤の効果に差が出てしまう理由は、いったいなぜなんでしょうか?